光と空

日常での出来事や思った事、感じた事を綴っていきます。

【織田信成】濱田コーチに賠償請求を求め提訴に対し思った事。

f:id:hikaritosora:20191119102019j:plain

 

織田信成さん(32)が濱田美栄さん(60)からモラハラを受けたとし

1100万円の損害賠償を求め提訴したという事が話題になっています。

 

織田君といえば2010年のバンクーバー五輪に出場

2年前からは関西大学アイススケート部の監督に就任

テレビでもフィギュアスケートの解説者として活躍されておりました。

 

しかしテレビでも観てたけどかなり憔悴してましたね

あれほど涙を流すという事は本人にとってよっぼど辛かった事でしょう

モラハラの内容としても無視や陰口、大勢の人の前で恫喝と

事実ならなんとも陰湿なやり方であります。

 

ほんとは組織で言うならこの濱田コーチって織田さんの下になるんですよね

監督の方が立場は上ですが、この濱田コーチにもかなりの実績がある

沢山のスケーターを育てているし

今は紀平梨花や宮原知子の指導にもあたっています。

 

実績がある分?、この鬼コーチに物言いする人はいなかったと言う

ちょうどこの二人は親と子くらいの歳の差でしょうかね

そこにはるかに年下の織田君がその練習方法は危ないと指摘したところ

濱田コーチ曰く「あんたの考えは間違っている」と激高したと言う

織田君曰くモラハラが始まったのはこの頃からだったようです。

 

濱田コーチはよくフィギュアの試合でも見ますよね

顔の印象としても朗らかなかんじです

けどそれとは裏腹に陰では凄まじい鬼ぶりでしょう。

 

モラハラかあ、俺が若い時はそんな言葉すら無かったと思うけど

無視や陰口やそんな事は普通にあったからなんとも思わず育ってきました

社会に出ても普通にあるという感覚です。

 

でも今はそんな時代ではないんですよね

精神論でなんとか乗り越えろというのはもう基地外発言とされます

本人が傷ついたという事実があるのですし

それが例え相手に悪気がなかったとか意図的ではないとしてもね。

 

織田君も監督を辞めてしまうほど追い込まれたと

そんな関大の対応もいかがなものだったと思いますけどね

織田君をもっと擁護出来なかったのかね、やはり鬼コーチにはなんも言えんかったか。

 

その反面ですが、現在は織田君の主張しか分かりません

濱田コーチにはどのような言い分があるかも聞かないと

あれほど涙ながらに喋られたのでは織田君かわいそうってなるし

全て濱田コーチが悪いという印象にもなるし。

 

他者はああだこうだ好き勝手言えるけど

二人それぞれの思いの事なんでね、ほんと難しい事だと思いますこの話題は。

 

ただ一つだけ、もっと二人ともコミュニケーションがとれてたらって

意思の疎通がきちんとできてたらって思いました

お互い忙しいし、織田君だってテレビ出たりとね

すれ違いってかなりあったんだと思います。

 

コーチからすれば自信もあるだろうしたまにしか来ない若造に物言いされて

プライドからか反論という行動言動にも出たのかな

コーチもいい大人なんだから大人らしい態度だと良かったんだけどね

なんか日本のスポーツ界の体育会系の組織ってこれまでもそうだけど

かなりドロドロしたものが蔓延っているようだな。

 

まあ分からん、分からん事だこの事は

上手くお互いが納得の形で終われば良いのだけど引きずりそう。

 

最後になりますが、NHK杯も近づいていますよね

こういった事が選手の心に響いて、練習の妨げにならなければ良いけどさ

試合は試合でこれとは別物として全力で頑張ってほしく思います。

 

今日はこれにて、最後までお読み頂き感謝します

へばね~。

Copyright (C)2017-2019 光と空 All rights reserved