光と空

日常での出来事や思った事、感じた事を綴っていきます。

【money】お金に関して思う事。

f:id:hikaritosora:20190221115823j:plain

こんにちはtakaです。

財布から1万円札を出してずっと眺めてました。

考えてみれば1日1万円を稼ぐのってかなり大変ですよね、公務員でもなければ何か特殊な仕事でもなく一般的なサラリーマンとしては。

パートさんならもっと厳しいかもしれないし、このお札1枚分を得るのにどれだけ時間と労力を費やさなければならないだろうと。

そこで個人的に思うお金に対しての考えを書いていきたいと思います。

お金にまつわる話

小さい頃、祖父母から「1円でもお金、ちゃんと大事に使わないといけないよ」って教えられた記憶があります。

お手伝いとかしてようやくもらえる100円、こちらは100円玉が欲しい、祖父母からは10円玉9枚の90円+1円玉10枚で10円の合わせて100円をもらった事がある、そこで子供の自分は100円玉が欲しいとわがままを言い投げつけた事がある、そしたらこっぴどく怒られました、そうなんです同じ100円なんですもんね、同じ価値なんです。

たかだか1円でしょうか、その1円だって「塵も積もれば山となる」です。

何か買い物をした時でも細かいお金があると助かったりしますよね。

1円でもきちんとした価値があると思い、大事に使う人にはお金の神様も手を差し伸べてくれるでしょうね。

そこで一つ不思議に思う事があります「お金は仲間が沢山いる所に集まってくる」とも言われています。

なるほどなと思うんですけど、金持ちは益々金持ちになるのはそういう事なんでしょうね。

いや、すごい人が羨むようなお金持ちとまではいかなくても、なんかこう人生で上手くいってる時ってあるじゃないですか、そういう時ってお金の流れも良くなってる時ってあって、臨時的に収入があったとかね、つまりは仲間に会いたくてお金も寄ってくると。

そしてそうでない人はずっと限られたお金でしか生活できない、なんだか分かる気もします。

仕事運がある人は益々仕事に恵まれ、結果的に良いお給料が得られたりね。

世の中お金が全てではない?

この意見はどうでしょう、勿論そうです全てではありませんが、全てでもあります。

なんぼ稼げる能力があったとしても体が健康でないと稼げませんよね。

人にとって一番の財産は「健康」です、健康だからなんでも出来ると、心の中では思っていますが、決してお金が全てではないと口には出しません、言霊になっちゃうから。

世の中の9割はお金で解決できると誰かが言っていたような気がします、その理由はすごく分かります。

現実に私達って生きていく為に稼いでいますよね、月の生活費で一番かかるのは食費だったりするのでしょうか。

人間まず食わないと生きていけませんし、食材を買うのにも費用がかかる。

その食材を作るのに電気ガス水道と公共料金も払わなければならない。

どこか移動するにしたって車が必要だったりしますし、その車1台持つだけで自動車税などの税金、そしてガソリン代もかかる。

子供が生まれると益々お金がかかる、だから今の時代は夫婦共働きは当たり前になっている、結婚をしたくても出来ない人だっているし、子供が欲しくても経済的な理由でできない人だっている。

欲しい物ってあげればキリがないくらい出てくるものだし、それにもお金がかかる。

どこか体が悪くなって医者に行くにしたってただで診てもらえるわけもない、いずれ病院なら入院費でも、施設に入ったらその費用でも払い続けられるんだったらその方がいい、家族にも迷惑をかけたくないから。

悪い事をして捕まった人は保釈金を払えば保釈されるわけよ。

人としてこの世に生まれた以上、納税の義務があるからある時からずっと税金を払わないといけないしね、その市町村に住んでいるなら市民税、県民税とかね。

他にもまだまだありますが、生きていくためにはお金無しでは無理なのです、当たり前なのですけど。

だから世の中の9割はお金で解決出来るとはこの事なのでしょうがそれだけではなんだかね、人としての愛情や思いやりも勿論生きていくためには必要な事でもありますから。

お金に執着するとお金が入らない?

明日の生活はどうなるだろう、またあの支払期限が来る・・・とか、入ったとしても出先が決まっていたりと、お金の心配をするという事は意識下でずっとその事を考えているので、これはお金の流れを止めてしまうというのも耳にした事があります。

つまりはお金の流れをその執着というものでがんじがらめにしてしまっているから。

そりゃ人間です、生活の事を考えない人など一人もいないでしょう。

ですが過度の執着が不思議な事に、金運に恵まれないという事なんでしょうね。

例えばこの日本でもジャンボ宝くじとかで1等何億の当選があるのに、いまだ換金されてないものもありますよね。

きっと買った人ってその買った事すら忘れているとか、どこかに置いたまま忘れてしまっているとか、本当は棚ぼたなはずなのに勿体ない・・・。

という事はお金に執着していないって事も考えられます、普通なら宝くじを買うと抽選日が待ち遠しいとか、そういう考えになるはずですし、宝くじはみんな自分に当たるだろうという思いで買います、誰も外れるだろうって買う人はいないでしょう。

けど、これが結局執着であって、何十枚何百枚買ったって当たらない人も現実にいますから、最低でもかけた費用の元でも取れればいいのですけどね。

俺も何年か前に宝くじで5万円当たった事があります、これが最高なのですが、その時の状況を振り返った時に、俺も買ってからはほっといていたなぁと。

売り場に当選番号を確認してもらったら結果がそうだったので、かなりその場ではビビりました(笑)まぁ、運が良かったと言えばそれまでですが。

なのでお金に対する執着を手放す事が出来れば(難しい事かもしれませんが)すんなり金運に恵まれたりして?

お金をどこか汚い物と思ってはいないか

なんかあるじゃないですか、なんとなくイメージで。

人はお金が欲しいと一生懸命頑張っているのに、意識下では真逆な事を思っている。

金はどんどん持ったっていいはずなのに、お金を持つのは悪い事とかね。

これではお金様は寄ってこないんだろうなと、この考えは本で読んだんですけどね、最初は訳わからんオカルト的な考えかと思ったんですが、どうもあながち嘘でもないのかなと。

これは自分の父から聞いたのですが家の祖父母時代はかなり裕福なお金に恵まれた生き方をしていたらしいです、でも俺の親の時代って人よりも頑張っていたのに働けど働けど暮らしは楽にならず・・・でした。

小さい頃から親を見ていると、なんだかお金に対してあまり良い考えって持ってなかったと思います、周りではお金持ちの人もいましたがその人達の悪口とかね。

まぁそういった思考が原因とは完全に言いきれないけど、わからなくもない心の持ちようでもあるなと。

最後に

俺も贅沢をしなければ暮らしていける生活ではあります。

ってか物欲って無いんだよね俺、部屋を見渡してもガランとしている。

今何か欲しい物はあるかって聞かれても、なんだろうか・・・(汗)

逆に物が増える事がストレスなんです、掃除するにしたって物があれば結局苦労するでしょ、あれも寄せてこれも寄せてってめんどくさくなるし。

勿論お金がどんどん増えるのは大歓迎よ(笑)、だって生きていく以上お金がいらない人なんて絶対存在しないですもん。

今回は自分のお金に対する考えを書いてみました、皆さんも色んな考えがあって生活をされていると思います。

働くのは楽ではないけど、働けているうちが華ですね、仕事があるから生活にもハリが出てきますし、仕事があるのはありがたい事です。

しかしブログを書いているとあっという間の3000文字だな、やっぱいいなブログって。

今日もブログを見て頂いてどうもありがとうございました。

へばね~。

 

Copyright (C)2017-2019 光と空 All rights reserved