光と空

日常での出来事や思った事、感じた事を綴っていきます。

人生つまらないなと感じた時の考え方や行動。

こんにちはtakaです。

「人生つまらんな」時折、この感情に支配される事があります。

皆さんも一度や二度、こういう気持ちになった事があるでしょう。

気持ちの切り替えも若い時に比べれば上手になったと思いますが、まだまだ精神修業が足りないなと感じる今日この頃です。

そこで何故このような感情になるのか、そして対策も自分の経験から書いていきます。

人生がつまらないと感じる時って刺激がないからだね

子供の時って目に映るもの全てが興味の対象でしたよね。

何にでも興味が湧いて、何でもやってみたくなる。

成長とともに興味の対象は変わっていくけど、とにかく「刺激」だらけです。

そうだなぁ、学生時代時代までが一番ワクワクする頃かな。

けどその成長過程で大人から「あれやっちゃ駄目、これやっちゃ駄目」と言われるようになってくる。

勿論教育という意味では当たり前なのですが、それが子供から興味の対象を奪っていく事にもなりますよね。

自然とそれだけの方向性しか見えなくなり、決まりきったやり方しか出来なくなる。

学校では勉強をする、いつしか卒業し社会人となる。

社会のルールの中でしか生きられず、毎日同じことの繰り返し。

朝起きて会社に行って、決まった時間に帰ってきて寝て、また次の日をむかえ会社に行き。

今は共働きのご家庭も多い時代だが、お家を守ってくれる主婦の方には感謝はしているけど、その主婦の方だって大体やる事は決まっている。

仕事も大変、家事育児も大変、次第に心も疲弊してきますよね。

大人になると義務化するんですね、時間の流れが早く感じるというのは時間に追われているからです。

子供の頃って時間は緩やかに感じていました、楽しみの対象が沢山あったから早く明日が来ないかなとか逆に思ってましたもん。

あの頃には戻れないけど、あの頃のような感覚って最高でした。

そもそも人生はつまらないものです、だから行動をする

大人になると、例えば一つの箱があったらその中身は空っぽのようなものです。

もし何か入っているとしたら凝り固まった思考とか観念とか。

理想論かもしれないけど、一度きりの人生なら楽しいものが沢山あった方が良いじゃないですか。

それは趣味でもいいしね。

けどだまっていて何もしないでいると、ただのその日です。

だから行動なんですね、色んな場に出かけていくと新たな発見があるのかもしれない。

空っぽの箱があったとしたらそれに物を詰め込んでいく。

楽しい事、楽しみな事があるから頑張れるとも言えますね、それは希望とも置きかえられるか。

絶望は毒薬・希望は妙薬」なんですよね人生や体にとっても。

例えば自分もブログを始めて、こうやって書いていると面白いです。

ブログをやってみようという行動をした、皆さんだって新たに始めた事がブログだったりするでしょう。

日々頑張って休日をむかえる時にどこかに遊びに行く、買い物をする、大好きな仲間と会うとか、これらだって行動であり楽しみな事であり希望に繋がります。

とにかく行動あるのみ!

最後に

もう一つ「人生がつまらないな」と思う時って、これも書きながら思い出してきたんですが、それって「孤独」な時ほどこのような感情になるんじゃないかと。

人と会うのが煩わしいって思う時もあるけど、結局は人と会ってる時の方が人ってのは心の中で「安心感」を抱いているのかもしれないですね。

今はSNSの時代で、文章だけでも人と触れ合える現代、これだって安心感なのでしょう。

大人になり次第に楽しみが減り、もしくは楽しみたい事はあっても限られた時間しか楽しめない、ただの決まりきった日々を過ごす、これではなんだかね。

自分にとって良い刺激を見つける、その為に行動をする、少しでも心に余裕がある時は色んな事をやってみよう、そう思った次第でした。

今日はこれにて、ブログを見て頂きありがとうございます。

へばね~。

 

Copyright (C)2017-2019 光と空 All rights reserved