光と空

日常での出来事や思った事、感じた事を綴っていきます。

町田総合高校体罰問題、生徒が悪いのか先生が悪いのか。


こんにちはtakaです。

今月の15日でしたか、町田総合高校にて生徒が先生を挑発し、先生が生徒に体罰をして問題になった事がありましたよね。

今更ながらではありますがその事について、40数年生きてきた親父の経験と感想を書きたいと思います。

生徒が悪いのか先生が悪いのか、本当に難しい問題です

これはどちらが悪いかと結果を求められた時に、答えとしては「どちらも悪い」となってしまいます。

挑発し先生の感情を高ぶらせた生徒、そして激高の末生徒に暴力を振るってしまった先生(先生からすれば教育だったのか?)。

ですが、俺個人の感想としては生徒が悪いと思っています。

やり方が悪質でした、つまりは先生をハメようとしたのですから。

先生を挑発し、暴力を振るわす所まで感情を持っていき、しかもこの光景を動画撮影していてネットに拡散、先生を炎上させようとしたわけですよね。

学校という場所は学びに行く所です、立場では先生の方が絶対に上なんです。

自分の成長の為に教えを受ける場所である学校ですが、それがどうも今の時代は生徒の立場が上で先生がPTAや生徒、そして生徒の親にびくびくしているような印象も否めません。

この問題については人はみんな考えが違うでしょう、だからこそ難しいです。

自分が育ってきた環境がこうだからこうという意見も当然ある、生徒は悪くない、先生が悪いという方だっているでしょうしね。

先生とはおっかない存在でした、挑発するなどありえない

俺もやんちゃでしたしね、よく怒られましたよ。

小学校の頃はいたずらをしては廊下に立たされ、頭をゲンコツで叩かれた事なんて数知れず。

それ以前に親父も怖いものでしたね、よく言うでしょ「地震・雷・火事・親父」と、親父にもよく叩かれたものでした。

中学では陸上部に入りましたが、倒れる位一生懸命練習しても「そうじゃないだろ!」と部活の先生にも叩かれましたし、部活中にある問題が発生して、俺が悪いわけではないけど、ある人のおかげでそれは部員全員の連帯責任という事で、みんなが頭にゲンコツというね、いいとばっちりでしたわ(笑)

高校でもハチャメチャでしたけど、先生にたてついた事は一度も無かったなぁ、結局自分がガキで怒られるような事していたから当然怒られるわけで、先生を陥れようなんて考えは微塵もなかったです、それほど先生はおっかない存在でした。

このように自分の学生時代を振り返った時に、やはり叩かれたあの痛みがあったからもう叩かれないようにと気を付けるようにしていきました、まぁそれでもまだまだガキなのでやんちゃはしてしまっていましたが、それも学びだったと今では思うし、怒ってくれた事は有難かったなと思います。

この体罰という言葉って考えてみればとても重い言葉ですが、極論を言えば躾とは「痛みを知る」なんだと思います、今この時代でそれを言ってしまえばすぐに「体罰だ、暴力だ、パワハラだ」と騒ぎますが、本当に生徒がありえない位先生から怪我をさせられたとか、常習的にそのような事が行われていたと言うのならばわかりますが、教育としてはある程度の体罰は必要だと思います。

子供の頃とか悪い事をすればおしりぺんぺんなんて教わりませんでしたか、そういう事です。

たぶん今の時代の先生は喧嘩経験なんてあまりないのかもしれません、これ以上の力で人を叩けば怪我をするなという感覚がないから。

力の加減がわからないから、おもいっきりやってしまって怪我もさせてしまう。

昔の先生はそれをわかっていたんですね、そしてそこにも愛がありました、何か出来た時はその分しっかり褒めてくれました、飴と鞭をちゃんとわかっていましたね。

自分の恩師もまだご健在で元気にされているというのを聞くと嬉しいものです。

未成年にもルールが必要ではなかろうか

この世に学校で言えば校則とか、社会で言うならルールというものが全くなければあとは破滅に向かうだけです。

私達はルールの中で生きています、だから社会的にも均衡は保たれていると思う。

今回のこの件では、その生徒は校則違反であるピアスもしていたし、先生からすれば怒るのは当然です。

そしてこの生徒の親が学校や先生に対して「許せません!」と言っているのだという。

開いた口が塞がりませんでした、このバカ親にはね。

自分の子供も叱れないかと、あたかも学校側、先生側に全て問題があるかのような無責任発言。

これがあれでしょ、自分の周りではいなかったけどモンスターペアレントってやつに繋がっていくのでしょ。

全て学校の責任、子供を学校に預けているのにも関わらず、成績が悪いのは学校のせい、運動が出来ないのも学校のせい、なんでも人のせいにする親。

これじゃ学校の先生はたまりませんわな、先生になる人も少なくなっていく気がします。

未成年だと立場が守られてしまいます、どうしても体罰をしてしまった先生にばかり注目が集まってしまいますが、未成年に対しても何か先生に手を出したとかしたら停学や退学などの罰則があっても良いのではないかと思っています。

そうでもしないと、どんどんこういう事って起きてしまう気がします、若い人の気持ちはわかりません、まだ精神的に子供って言われればそれまでですが、だからこそ肉体的にも精神的にも学ぶ場が学校でもあります。

なんせネットの時代です、今回のように悪意があって計画的にネットに拡散させようなんて企む者も出てくるでしょう、だから未成年にも改めて何かしらのルールを設けた方が良いと感じます。

最後に

この先生は50代のようですね、もうその年齢だと先生としての経験もベテランだと思います。

生徒の中ではとても評判のいい先生だったとも言われていますね。

もし生徒がこの事件の事の発端を作りださなければ起きない出来事でした、自分より年上の先生ではありますが、生意気ながらも先生に対して可愛そうだなと思ってしまいました。

先生を貶めてやろうなどという考えは言語道断です、しかもこの先生が処分を受ける、上記にも書きましたが生徒は立場が守られる、勿論行き過ぎた体罰はいけませんが、おかしくないかこれって。

こうやって書いていると、この時の状況で先生と生徒の感情ってのは当事者にしかわからない事で、外野である私達は好き放題言えてしまいます。

でもこの件の過程を見ていくとやはり生徒側に問題があったと個人的には思います。

何が正解で何が正解でないのか、とかく今は難しい世の中だなって思います、そして今の時代の先生は何かと気を使わなければいけなくなり大変だろうな・・・と。

今日はこれにて、ブログを見て頂いてありがとうございました。

へばね~。

Copyright (C)2017-2019 光と空 All rights reserved