光と空

日々の生活の中で感じた事や出来事を綴っていきます。

ヒカキンって炎上しているの?あの程度でか。

イメージ商売は怖いっスね。

f:id:hikaritosora:20180628140043j:plain

こんにちはtakaです、秋田県の昨日は久しぶりに梅雨らしい気候で沢山の雨が降りました。

場所によっては降りすぎた所もあったようですが、こちらは調度いいかんじでした、しばらくは雨降りの予報なので、田んぼの管理も楽出来るなと思っています。

芸能人でも、今やYouTuberでも、世間に顔を晒して活動している人達はイメージ商売です。

当然裏の顔なんて分からないので表面上の部分でしか私達はその人を判断できません。

すごく見た感じが良いという印象の人、逆に見たかんじが悪いという印象の人。

印象の捉え方は人それぞれですが、良いと思うような人が本当は腹黒かったり、悪いという人が本当は心優しい人だったり、そんな事もあるかと思います。

だからこういう方達のように一度ついたイメージは中々払しょく出来ないし、次で書きますが、そのついてしまった印象を良い方向に持っていくのは並大抵の事ではないと思います。

ヒカキンの印象と100~0、0~100を考える

HikakinTV - YouTube

HikakinGames - YouTube

自分はむしろテレビよりもYouTubeで好きな動画を観ている事の方が多いと思います。

もう知る人ぞ知るYouTuberの帝王であるヒカキンですが、なんでも先日後悔した動画が炎上し、そのアップした動画がすぐに削除され、その後自身のツイッターで不快な思いをさせて申し訳なかったと謝罪のツイートをしたとか。

本家の動画は削除されていますが、削除される前にその動画を観た人がコピーでもしたんでしょうね、ちゃんとYouTubeにアップされてました。

自分も観てみたんですが、これって騒ぐほどの事かよ・・・と正直思いました。

その動画の内容なんですが、メルカリにヒカキンが商品を出品すると、その商品が何かと言えば彼の切った髪の毛を集めて丸めた「毛ボール」と、これから靴下を穿いて運動すると、その靴下に汗が染みついて臭くなった「足クサ靴下」だと。

もうあんまりバカバカしくて逆に笑っちゃったんですけどね(笑)このせいで炎上なんて言われているようだけど、たいした事でもないかなとは個人的には思いました。

俺はファンでもなんでもないのでどうでもいいのですが、ファンからしたらイメージダウンという人もいれば、それでも応援するという人、二つに分かれたかもしれないですね、でもマニアなら欲しいという人がいたかもしれないし、人の趣味趣向は様々でしょうから・・・(汗)

まぁ確かにあんまり気持ちの良い商品ではないんですけどね、彼からすればウケを狙ったのか、なんなのかわかりませんが、もう巨万の富を得ているだろうに、無難に何かそこらへんのグッズを出品しておけばよかったものを、だってあんたの動画はほぼ案件の商品紹介動画じゃん、と。

彼の動画はたまに観てましたが、子供向けというか女性向けというか、どっちかと言えば主に子供向けのかんじがします。

まぁ平和な動画っていうかね、それが支持されている事でもあるんでしょう、そして人柄もいい(表面上はそう見てますが)、昨今ではテレビでも見かけるようになったし、益々の人気が出てきていたと思います。

そんな絶頂期に今回の件ですから、ちょっと行き過ぎたなぁってところでしょうか。

人気者ほど何かあれば叩かれます、それはどの世界でも一緒です。

これねぇ、上記の見出しでも書いてますがイメージ商売の怖い事で人気の指数が例えば100だとする、まさに絶頂でいい時期、ここでその人に対して持っていたイメージと逆の事をされてしまった場合に一気にそのイメージは0にもなります、ファンだったら離れていく人もいるだろうし。

ですが反対の事もあって、芸能人でもYouTuberでも一般の人でも嫌われている人がいたとする、その指数を0とした時、例えば人に対して優しい事をしたり、何か社会に対して貢献できる事をしたり、普通はあんなかんじだけど本当はすごく優しく良い人だったんだと人に思われた時にその数値は0から100になるんです、これはほんと面白いというか、簡単に言えばギャップとも言えるかもしれませんけど。

でも彼は器もデカいんでしょうかね、動画は消したけど次の日にはちゃんと普通の動画出していたしね。

YouTuberってのはテレビではやらないような事をするからそこが面白かったりします、ほんとバカバカしい事から、時には刺激のあるものとかね、そこが魅力でもあるので、今回の彼の件は繰り返すが別にたいした事ねぇだろってね。

最後に

そりゃ人間嫌われるよりは好かれた方が断然いいし、そうありたいけどね。

俺は友達は少ない、むしろあまり人に好かれるタイプでもない、どっちかと言えば嫌われ者です。

ですがこんな俺にも親友がいて家族がいる、一人でも自分を理解してくれる人がいたらそれでいいと思っています。

テレビでの人気者やYouTuberでの人気者、ここまで人気が出てしまうと下手な事はできないし、本当はやりたい事があったって、それをやって一歩間違えば奈落の底へまっしぐらの可能性もあるわけです、生活にしたって行動も制限されるし、常に誰かに見られているって緊張感、など様々な制約の中で生きなければいけない分、莫大な金を得ているとも言えます。

もう大変なんてもんじゃないよね、この人達の生活って。

つくづく一般人で良かったと思います、むしろこの人達より私達一般人の方が自由なんではないでしょうか。

ヒカキン、これから彼はどのように頑張っていくのか、また暇な時にでも彼の動画を拝見したいといます。

今日もブログを見て頂きありがとうございました。

へばね~。

 


Copyright (C)2017-2018 光と空 All rights reserved