光と空

日々の生活の中で感じた事や出来事を綴っていきます。

現在の田んぼの様子(その2)、そろそろ【中干し】準備か。

田植えから37日目

f:id:hikaritosora:20180626104253j:plain

こんにちはtakaです、今日で田植え開始から37日目となりました。

稲もだいぶ大きくなり、分げつ(一つの葉から新しい葉が出る事)もかなり進んできたと思います。

 

 

www.hikaritosora.com

 

今月の9日の記事です、宜しければご覧になって下さればありがたいです。

秋田を含めた北東北は、確か今月の11日に梅雨入りしたと思ってますが、それ以降まとまった雨がロクに降りませんでした。

結局梅雨入りなんて気象庁のつじつま合わせなんだよなぁ、梅雨入りを発表したと思ったらこちらは梅雨の中休みでほぼ毎日晴れで、降ったとしてもにわか雨程度で(笑)

でも幸い、用水路には毎日たっぷりの水が流れていて、田んぼに水を入れるのも周辺農家と水の奪い合いもせず、楽にこれまでは田んぼに水を入れてこれましたが、やっぱり天然の雨が稲にも一番いいです。

f:id:hikaritosora:20180626104719j:plain

もうここまでくれば、中干しに向けて準備もした方がいいかな。

中干しの基準は一株に茎が20本程度になったらとマニュアルにはあるけど、全ての株がそうなるって絶対ないのでね、ころあいを見て判断します。

ただちょっと明日からの天気が気になるなぁ、どうも青森と秋田を中心に明日と明後日の天気はかなりの大雨となるらしい・・・。

本来ならやっとまとまった恵みの雨と喜びたいところですが、昨今の雨はひとたび降ればバケツをひっくり返したような災害クラスの雨になるので・・・。

現に先月もこちらでは秋田では1番デカい1級河川の「雄物川」が氾濫したので。

どうかまるく治まってくれる雨ならいいですけどね、子供の頃からの成長過程で見てきた梅雨独特のシトシト雨なんてもうないのかもしれないですね、家のアジサイも全然咲かないし。

かたや別の地域では熱中症も騒がれているし、完全に異常気象です(泣)

田んぼの中干しをする目的

大体我が家では今ごろの時期になると「田んぼの中干し」に向けて準備を始めます。

今年の田植えは平年に比べると遅かったので、もう少し後でもいいかと思っていましたが、明日から雨も続きそうなのでもう段取りをしようかと。

中干しとは、現在田んぼに水を張ってますが、この水を田んぼから外します。

つまり、田んぼの土を乾かす(干す)って事と言えば簡単ですが、これをやらないと稲にも影響があって、ザッと書けばこんなかんじです。

  • 土の中に酸素を補給して根腐れを防ぎ、根の活力を高める、その結果根が強く土の中に張る。
  • 土の中の有害なガス(硫化水素、メタンガス等)を抜く事が出来る。
  • 水を田んぼから落とす事により、肥料分であるチッ素の吸収を抑え、過剰分げつを抑制する。
  • 土を干して固くして、稲刈りの作業性を高める。

どれくらいの期間中干しをするかとなれば天候にもよりますが1週間や2週間程度でしょうか。

土って乾いてくると畑でもそうですが、ひびが入るじゃないですか、ころあいとしては軽くひびが入る程度、それ以上ひびが大きくなるくらい干してしまうと、今度は「稲の根切れ」などが起こります(稲の根が地中深く張れず途中で寸断される、結果米の実りも良くない)。

それにあまりにひびが入りすぎるくらい干してしまうと、田んぼに水を入れてもそのひびから水がだだ漏れしてしまい、田んぼに水が溜まりにくくなり、稲にとっても生育不良になります。

溝切機の準備

f:id:hikaritosora:20180626112606j:plain

田んぼから水を外し、田面を歩いたら軽く沈む程度の固さになった時にこの「溝切機」で田んぼに溝を作ります。

田んぼに溝を作っておくと、田んぼに水を入れた時もその溝を伝って水が入っていくので楽に田んぼに水がかかる。

そして、稲刈りの数週間前から田んぼの水を外しますが、その溝を伝って水が落ちるので落水としても容易になる。

f:id:hikaritosora:20180626113102j:plain

簡単にペンで書きましたが、断面的にはこうなります。

田んぼの中を溝切機と一緒に歩く、溝切機が歩いた後は逆三角形のような形になり、ここを水が走ります。

稲刈りはコンバインで刈るので田面が固くないといけません。田面が柔らかいとコンバインが沈んだり、旋回をした時に穴を掘ってしまいます。

つまり中干しと溝切はセット作業になります、家の田んぼは特に排水が悪いので必ずこの作業をしないといけません。

最後に

振り返れば田植えから結構な時間があっという間に経ったんだなと思います、時間だけは間違いなく進んでいて、もう中干しと溝切の時期が来たと。

去年の今頃も同じような感覚だったんだろうなぁ、もう中干しかなんてね。

田んぼの中を溝切機と歩く、自分は裸足で泥の中を歩きます、泥の中を歩くなんて難儀なんてもんじゃなくて、むしろ1年の作業の中で一番大変だと思ってます(苦笑)

今では溝切機に椅子のついた乗用のものもあります(田面ライダー)とも言います(笑)

正直欲しいですけど値段が20万もするしなぁ、なかなか手が出ません。

結局溝切も1日おもいっきり頑張れば出来てしまいますが、かなり疲れるので乗用も検討しなきゃと思い始めてきました。

6月ももう終わりになろうとしている、いちにち1日を大切に頑張っていきたいと思います。

へばね~。

 

Copyright (C)2017-2018 光と空 All rights reserved