光と空

日々の生活の中で感じた事、出来事などを綴っていきます

秋田で5月の観測史上最大の大雨、明日は田植えの予定。

記録的豪雨、雄物川の一部氾濫

こんばんはtakaです、おとといから降り続いた雨、昨日が一番のピークでした。

秋田市では5月としては観測史上最大の大雨、156ミリでしたか。

そばの川も氾濫した所があったようでした、そして秋田県を流れる最大の川である「一級河川の雄物川」でも氾濫した所があり、なんだかもう踏んだり蹴ったりな2018年、そんな印象です。

前回の記事で「線状降水帯」になるだろうと書きました、その名の通りって言うか、強い雨雲が線のようにずっとかかり続け、雨が止む隙もない、ずっと降り続く現象が運悪く秋田県が標的になったと。

年に2回は行くのですが山形県でも、大雨の所があったりで隣県でも大変な事が起こったんだなと感じさせられた出来事でした。

5月だよまだ・・・梅雨にもなっていないのに、梅雨だってそんなどしゃぶりってないだろうけど。

今ってひとたび雨が降れば災害になり、それは雪もそう、なんかもうなんでもかんでも降りすぎです。

完全に気象がおかしくなっている、日本で安全な場所ってのはなくて、災害ってのはいつどこで起きてもおかしくはない、そう思わざるおえません。

明日は我が身、どこかにそんな気持ちも持ちながら生活していきたいと思います。

雄物川の氾濫は昨年の7月にもありました、それは今回以上の災害でした。いずれは稲刈り、もうすぐ大豆などの収穫って時に、泣いた農家さんも沢山おられたと思います。

だから難しいんだ農業ってのは・・・。

せっかく田植えが終わったのに冠水した田んぼ

俺の住む所も沢山の雨が降りましたが、そこは運よく何事もなかった。

ビニールハウスも冠水する事なく、どうなるかと昨日は夜も眠れませんでしたが、幸いにも回避できました。

今日地元のニュースを見ておりました、不幸にも田んぼが冠水した農家のお父さんが映り「3日前に田植えを終えたばかりなんだよ、もう何もやる気がしないよ・・・」というコメントをされておりました。

自分もだいぶはしょっている部分もありますが、種もみの成長過程をブログとして綴ってきました、せっかく大事に育て、ようやく田植えまでこぎつけ、とても難儀されたであろう田植えを終えてほっとした時にこのような大雨、せっかく田んぼに植えた苗はどこかに行ってしまった、まして冠水したとなれば田んぼにはゴミやら砂利やら流れてついてしまう、一度傷ついた田んぼを修復するというのは並大抵の事ではないです、普通ならそこで田んぼを手放すとか諦めます。

もうね、泣けてきてしまってね、テレビでは笑ってたよそのお父さん、でもさその絶望ってのは計り知れないよ絶対、同じ農家だからよくわかる。

稲や作物への愛情、現実的な事を書けば、それでのその年の収入はある意味ゼロ、もうね、言葉にならん・・・。

自然には人間って無力だ、何も出来ない、敵うわけもない。

この自然を壊してきたのは人間、そのツケが色んな形で表れているんだろうな。

明日は田植えだが・・・出来る事を祈って

f:id:hikaritosora:20180519191224j:plain

先ほどカメラでパシャリしましたがとても大きくなりました、もう2、3日前から植えてもいいくらいの苗です。

ただお天気が悪くて、明日からお天気が続くようなので明日から植える予定です。

日中はそこそこ穏やかだったのに今現在は雨足が強くなってきて風も強い、しかも寒いんです、食事中にストーブを焚きました。

田植えはお天気がいい時に植えるのが一番いい、陽がさしてお天気がいいと土に苗が根付きやすい(活着とも言います)。

最後に

f:id:hikaritosora:20180519191823j:plain

色々点検していつでも始動できるであろう田植機。

なんとか今年も頑張ってくれ、どうかお願いします。

明日から田植え期間となれば、3日ほどブログを更新できません、本当は田植え光景なども記録に残したいけれども、俺が運転者なのでそれも難しい。

まずは無事に田植えが終える事を願って頑張りたいと思います。

今日もブログを見て頂きありがとうございました。

へばね~。

 

Copyright (C)2017-2018 光と空 All rights reserved