光と空

日々の生活の中で感じた事、出来事などを綴っていきます

こういう寒い日は温泉にでも行きたい【乳頭温泉郷】が気になっています。

一度は行ってみたい乳頭温泉郷。

こんにちは、皆さん温泉は好きですか?

こうも寒いと温泉に行きたいなと思います、月に1度か2度は近場の温泉に行く事もありますが、同じ県内でありながら1度も行った事がない乳頭温泉郷。

行こうと思えば行けるのですが、自分の所からはかなり遠くなかなか機会がね(^-^;

「鶴の湯温泉」から最奥の「黒湯温泉」の六軒の一軒宿、および「休暇村乳頭温泉郷」の計7つの宿で構成されています。

 

乳頭温泉郷へようこそ~乳頭温泉組合

 

温泉の種類

  • 鶴の湯温泉 - 県道の「鶴の湯入口」バス停より数km分け入った場所にあり、他の宿とは距離がある。
  • 大釜温泉 - 秋田県道194号線沿い。
  • 妙乃湯温泉 - 秋田県道194号線沿い。
  • 蟹場温泉(がにばおんせん) - 秋田県道194号線起点。
  • 孫六温泉 - 県道の大釜温泉より1km強分け入った場所にある。
  • 黒湯温泉 - 県道の休暇村前より1km強分け入った場所にある(冬季休業)。
  • 一本松温泉 - 登山道の途中にある野湯。
  • 休暇村乳頭温泉郷 - 秋田県道194号線沿い。

交通アクセス

温泉の種類~交通アクセス/引用元・乳頭温泉郷 - Wikipedia

f:id:hikaritosora:20180205143740j:plain

周辺には田沢湖も。

秋田県の田沢湖ってご存知でしょうか、日本では一番深い湖です。

小学校の遠足で行ったのが懐かしい思い出です、初めて遊覧船というものに乗りました。

船に乗るという事自体初体験だったものですから、緊張もあったのかもしれませんがこれで船酔いして具合を悪くしたという(笑)

この湖にも色んな物語があって「辰子像」という金の像が立っています。

この辰子はとても美しい容姿、年齢を重ねてもこの美しさを保ちたいと何度も観音様にお参りをし、その一生懸命な辰子の姿にいつしか観音様が願いを叶えてくれる事に。

観音様のお告げである山奥の泉の水を飲めと、そうすればその容姿を保てると。

そこに行った辰子はその水を飲んだものの、急に喉の乾きが始まり、何度その水を飲んでも喉の乾きが治まらず、そのうち辰子の姿が龍の形となってしまう。

これは美しくなりたいと欲を持った報いだと、田沢湖に沈み、そこの主として生きるようになったとか。

最後に。

この乳頭温泉郷のHPを見ましたがいいですね。

行くのなら日帰りとかではなくてせめて1泊はしたいです。

温泉の種類が色々あるのでどこがいいのかわかりませんが、その温泉によって効能も色々あるので吟味したいなと思っています。

俺はやっぱり田舎で育ったからかな、普通なら都会のこじゃれた所にと思うんでしょうけど、温泉だったら周りに山があり、川も流れていてそのせせらぎを聞きながらのんびりゆったりしたい、洋風よりも和風がいいです。

どこかに旅をした時などもそういった所に泊まりたいな。

食事でも山や川で採れた山菜や魚など、その地域でしか味わえない物を食べたいです。

雪はイヤイヤー!!と言いながら、周りに雪があるそういう光景の中での温泉、これも味わいがあっていいものだなと感じました、温泉に浸かりながらの一杯は夢だなぁ。

皆さんの中でもこの温泉郷を知っていたり、もしかすれば行った事がある方もいらっしゃるのかもしれませんが、もし秋田に来られた際は是非お立ち寄りして頂ければと思います。

いや、ほんと1週間も休みがあれば行きたいです(笑)ではまたー。

 

Copyright (C)2017-2018 光と空 All rights reserved