光と空

日々の生活の中で感じた事や出来事を綴っていきます。

普段何気なく使っている言葉【秋田弁】について。

秋田弁の一部を紹介。

こんにちは。

秋田弁で育ったので普段当たり前のように使っていますが、同じ秋田県人同士での会話でも「この人は何を喋っているんだ?」と思う事もしばしばです(笑)

標準語は喋ろうと思えば喋れますが、どっかで無理している事なんだよね。

東京に友人がいるので昔はよく遊びに行っていたものでしたが、そのグループと飲んだりしてても、ついつい方言が出てしまっていました。逆に標準語だと伝えたい言葉が伝わらなかったりというか、そして地元に帰ってくるとやっぱり田舎はいいなと思ったり。

でもその地域の言葉っていいものですね、心が和みます。

一部を挙げると

  1. はい→んだ
  2. そうだよ~→んだよ~
  3. 大変だ~→わっぱがだ~
  4. ラーメン→ぺろ
  5. ごはん→まま
  6. 牛→べご
  7. 温泉→ゆっこ
  8. おにぎり→にぎりまま
  9. 寿司→すす
  10. 良かったな~♪→いがったな~♪
  11. じゃあね~→せばね~orへばまんずね~
  12. 救急車→ピーポー
  13. 子供→わらし
  14. お父さん→と~
  15. お母さん→か~
  16. おじいさん→じさ
  17. おばあさん→ば~
  18. コーヒー→コーシー
  19. たくあんなどの漬物→がっこ
  20. 帽子→シャップ
  21. かわいい→めんこい
  22. お金→じぇんこ
  23. け→痒い
  24. 辛い~→よいでねぇ~
  25. ありがとう♪→どもな♪

などなど。

f:id:hikaritosora:20180117154107j:plain

言葉の語尾に「だべ」や「こ」がつくのも特徴。

基本はだべですね、それは〇〇でしょ?だと「それは〇〇だべ?」となります。

あとは「こ」がよくつきます。

例えば病院などに行って看護師さんから「〇〇さんお熱を測りましょうか」という場合、「〇〇さん、まんず(熱っこ)測るべな」となります。

他には葉書が届いているよの場合は「(葉書っこ)届いでらよ」、その服の色いいねの場合は「その服の(色っこ)いいやな」とか、お酒飲む?の場合は「(酒っこ)飲む?」など。

余談ですが佐々木希ちゃんはこちら出身の女優さんですが、地元に帰るとモロ秋田弁になるらしく、いつだかローカル番組で見ましたがやっぱりそうでした。

男からするとかわいい子の方言のギャップにやられちゃいます(笑)

方言っていいなと思いました。

自分も叶うものなら色んな地域にいって色んな人と話がしたいです。

北海道に行ったことがありますけど、場所によりけりだと思いますが意外というか北海道って標準語ぽかったような気がします。

東北は大体方言はいっしょかな、青森は行ったことがないですけど、青森は津軽弁だったりするのかな。

あとね、関西の人と話がしたいんですよ。テレビだと関西の芸人さんが多いので今では当たり前のように関西弁を聞きますけど、生の関西弁を聞きたいです、トークしたいんですよね(笑)

言葉一つ一つで、その人の雰囲気が変わったりする。

方言もそうで言葉に温かみを感じるし、東京などで生まれ標準語が普通で育ってもその人にとったらその地域の温かい言葉です。

その地域の風習や文化、それでずっとその地域に根付いてきた方言、こういうのも日本の大切な宝物なんだなと思いました。

 

Copyright (C)2017-2018 光と空 All rights reserved