光と空

日常での出来事や思った事、感じた事を綴っていきます。

疲れた時は甘い物?勿論摂りすぎは注意ですね。

こんにちはtakaです。

11月に入りました、紅葉も進んでいて天気の良い日などドライブもいいかもしれません、走りたいなぁ。

疲れた時は甘い物、分かる気もします。

でも糖分の摂りすぎは当然体には良くない事です。

女性が甘い物を好きというのは、本能的に知っている事なのかもしれませんね。

最近ですとスイーツ男子ってのもいるようですが・・・(苦笑)。

俺も子供の頃は甘い物は大好きでしたが、大人になるにつれあまり食べなくなってきたと思います。

しょっぱい方が好きというか、例えば缶コーヒーでもブラックしか飲めません。

コーヒー系は甘いと逆に具合が悪くなります。

でもここで自分でもわけわからん事ですがカフェオレは大丈夫という(笑)。

今は微糖なんて書かれている缶コーヒーもありますけどあれもかなりの糖分ですし、しょっぱいが好きな事、これも体にはよろしくはないんですけどね。

摂りすぎにはならないようにと意識しております。

体が疲れるというのは脳が疲れているという事、脳のエネルギー源はブドウ糖である為、その時に甘い物を食べると確かに気持ちが落ち着くというか、これは誰しも経験している事ではないかと思います。

甘い物の摂りすぎは当然注意、生活習慣病のリスクもあります

ただ甘い物を一気に摂りすぎたりすると、血糖値が急激に上がります。

それを下げる為に膵臓からインスリンが分泌されるのですが、当然膵臓には無理がかかる事です。

こういった事を繰り返しているといずれ糖尿病になる危険性もあるので、甘い物を食べる時はゆっくりと、そして大量に摂らない事です。

本当はこういった甘い物を摂らなくても現代はむしろ栄養過多の時代。

普通に3食でも2食でも食事をきちんと摂っていれば十分なんですよね、ブドウ糖が足りないというのはまずあり得ない事なんです。

飽食の時代で食べ物も選り好みしてしまう。

それで好き嫌いも出てくるし、食べたい物しか食べない、ある意味ありがたい時代でもありますが、食べ物が偏るため、病気にもなりやすくなりました。

人の体は食べ物から作られているのですから、体を生かすも生かさないも食べ物次第なんですよね。

たまには甘い物を食べても罰は当たらんだろう

たまにはね、甘い物を食べたくなる時もあるのでその時は少し頂きます。

f:id:hikaritosora:20171101111520j:plain

家にあったので小枝を1Pack頂きました、もうこれで十分です。

それより早く飯が食べたい!11Packも入っているのか・・・俺ががこれを全部食べきるとしたら何日かかるだろう。

よく思うのですが疲れた時は甘い物より、疲れた時は寝るにかぎります。

いや、ビールが一番体には良いかな(笑)

今日はこれにて、ブログを見て頂きありがとうございます。

へばね~。

 

Copyright (C)2017-2019 光と空 All rights reserved