光と空

日常での出来事や思った事、感じた事を綴っていきます。

【ウォーキング】運動は大変だが歩く事は無理なく続けられるのでは?

f:id:hikaritosora:20190331125014p:plain

おはようございますtakaです。

寒い・・・もうこの言葉がこれからの口癖になりそうです。

雪国に住んでいるのもありますが、今年の今頃でこんなに寒いのは記憶にあったかどうか・・・。

足ってなんの為にあるって前に進むためと言うか歩くため、当然なんだけどね。

そういえば最近歩いてねぇなぁ・・・。

学生の頃なんて学校も結構遠かったので、毎朝早く起きて自転車で通ってたっけなぁ。

高校を卒業するあたりは早く免許が欲しい、早く車が欲しい、そんな事ばかり考えていて、社会人になったらその夢が叶って車に乗るのが当たり前になって、気付けば年齢もいい歳になっておりで。

人間の行動として歩くのは当たり前なんだけど、その当たり前が出来ていない。

仕事も座りっぱなしの時があるし、移動ってなると車だし、俺だけじゃなく現代の特に大人って歩いている人ってそんなにいないのかもしれないですね。

飽食の時代でまず食べるに困らない、カロリーばかりが体内に蓄積され消費が出来ない。

そりゃ摂取カロリーよりも消費カロリーが少なければ太るに決まっています。

運動は大変です、しかし歩く事なら出来るだろうと

じゃあ運動すればとなるが、基本運動って大変なものだったりする。

大変なものって大抵長続きしません、ならば歩く事だったら出来るだろうと。

とにかく太ってきました、お腹も出てきたし、このままでいくといずれ何らかの病気になるともかぎらない、痩せないと・・・。

と、このように思ったのは今年に入っての真冬真っ只中です、なので過去形なんですけどね。

雪国ですとただでさえ冬眠状態です、何も寒いのに寒い中に出て行く事もないと、雪国の人は殆ど冬は家で過ごす事が多いと思います、当然移動だって車です、益々の運動不足と言いますか。

朝の2時頃からでしょうか、除雪車がそばの道路や歩道を除雪していくんですよねこちらは。

調度その頃に起きて(嫌でも除雪車の轟音で目が覚める)それで除雪車の通った歩道を歩く事にしました、ウォーキングを始めたのは確か1月10日頃からだったと思います。

まだ外は真っ暗ですし、ある意味人目を気にする事もないのが良いですね。

改めて継続は力なりは本当だと思った、少しずつ痩せてきました

でも最初はきつかったなぁ、正直なめてましたし毎日決まった時間に起きて歩くというのは結構しんどかったです。

けど3日、5日、1週間と続けていくうちに、気持ち的に歩かなければ気が済まなくなったんですね。

こうなればしめたものだと思いました、体が習慣化したんです。

それで気付けば3月の終わり頃まで毎朝ウォーキングをしていました。

おかげで約3か月近く歩いたら体重も3キロほど落ちていたんです、これはいいなと思いました。

春以降の季節ですと陽が上るのも早くなりますし、人目もあるしウォーキングも出来ていませんが、また冬には歩く事を再開したいと思います。

歩くって良いなとなんだか今頃気付いたと言うか、無理が無いから続けられる、これで健康にもなる、最高です。

最後に

ウォーキングは足だけでなく、自然と手も振って歩きますよね。

有酸素運動とも言われてますが、結構全身を使っているなと感じます。

そして歩く事によって、普段車だと気付けないような小さな発見もあったりします。

ここにこんな花が咲いていたのか、この家ってよく見るとこんな形してたのか、ここの歩道ってこんな構造をしていたのか、などなど面白い発見と言いますか。

体にも心にも良いウォーキング、これからも可能なかぎり続けていきます。

今日はこれにて、ブログを見て頂きありがとうございました。

へばね~。

 

Copyright (C)2017-2019 光と空 All rights reserved