光と空

日々の生活の中で感じた事や出来事を綴っていきます。

ハウスにビニールがけ、種もみの催芽。

育苗ハウス2棟にビニールをかけた

f:id:hikaritosora:20180419153808j:plain

こんにちはtakaです、天気も良く作業計画もたてやすく有難いなと思っています。

3日ばかり更新できてませんが、昨日はハウスにビニールをかける事が出来ました。

そこまで難儀ではないのですが、最低二人いないと出来ないので親父と一緒にビニールをかけました。

風が吹くとビニールをかける事ってまず出来ないというか、なので早朝にかけます。

朝は風がありませんので4時頃から開始し、大体3時間くらいでほぼ終えました。

種もみの催芽(さいが)

そして同じく昨日の午後4時頃から水の中に漬けておいた種もみ(今年は積算温度125℃)を育苗器に入れスイッチオンしました。

f:id:hikaritosora:20180419154840j:plain

ちなみに種もみを入れる1時間位前に育苗器にお湯を入れスイッチオンをし、事前に中を温めておきます。

そうする事によって種もみを中に入れても温度の低下などなしに、すぐに設定温度である32度に到達します。

画像は昨日の夜8時ごろ、種もみを入れて4時間後、育苗器のスイッチを切り、入れておいた種もみをひっくり返す、つまり表を裏にする。

そうすることによって種もみがまんべんなく温められます。

f:id:hikaritosora:20180419160138j:plain

中は蒸し風呂状態です、写真を撮ろうにもすぐにくもってしまってこれが限界。

この時に種もみ袋をひっくり返しました、そして少しお湯が減っていたのでお湯を足して再びスイッチオンをし、くたびれもありましたがこの後に晩酌をして寝ました(笑)

f:id:hikaritosora:20180419160333j:plain

いつだかもこの画像で書きましたが、種もみを④と⑤のような状態(ハト胸状態)にしたいので上記の画像のように育苗器に種もみを入れるわけです。

勿論全ての種もみがこの状態には絶対になりません、そんなやり方があったら見てみたい(笑)必ずバラツキがあります、①とか②の場合もあるし、何度も確認してある程度④とか⑤が適度に混ざっていればそれでOKとしてます。

JAの指導では育苗器だと24時間くらい入れておくとありますが、必ずこの時間にはならない事が多いです、なので何回か確認し、いいと思ったらそこで決めてしまう。

自分の場合は昨日の午後4時頃からかかり今日の11時には大体⑤くらいのものがチラホラ混ざってました、トータル19時間くらいかな、写真撮っておけばよかった・・・。

あんまり温めすぎると⑦のようになったり、種もみが割れてしまいます。

f:id:hikaritosora:20180419161931j:plain

今日の11時30分頃、タンクに水を溜めその中に種もみを入れます(これ以上芽が伸びてこないようにするため)。

これでいよいよ種まき作業が出来る事になります、予定では明後日に種まきをやります!

最後に

中々経験する事がない今冬の大雪で、作業もどうなっていくのかと不安な部分もありましたが、幸いにもお天気が続いたりして予想より雪解けも早く、やっと種まきが出来る所まできました。

昨年の手書きの日記を見てみたら、種まきは19日に開始していました、って事は2日しか変わらない!

かなり突貫工事的に急いだ部分もありますが、なんとかここまできてちょっとホッとしています。

明日はビニールハウスの中に色々設置しないといけないものがあるので、その作業をしたいと思います。

今日は夜とか夜中に育苗器を確認する必要もないのでゆっくり酒が飲めるど~♪

本日もブログを見ていただきありがとうございました。

へばね~。

 


Copyright (C)2017-2018 光と空 All rights reserved