光と空

日々の生活の中で感じた事や出来事を綴っていきます。

スポンサーリンク

YouTuberに思う。

YouTuberも一つの職業となりましたね

f:id:hikaritosora:20171204081252j:plain

 

おはようございます。

 

今や子供が将来なりたい職業としても挙げられるようになったYouTuber、時代も変わるもんだなと。

このYouTuberの人達もそういった意味では子供に夢や楽しさ、子供だけではなくて大人にも影響を与えている、素晴らしい職業だと思います。

自分も観ます、テレビはもう一部の番組しか観ていないので、こういった方々の動画を観るのが楽しみでもあります。

 

例えばヒカキンさんのHikakinTV。

 

www.youtube.com



今はゲームなんて殆どやらないけど昔はテレビゲームばかりの毎日、けど観るのが面白いのでポッキーさんの動画であるPockySweets。

 

www.youtube.com

 

このお二人の動画はよく観ています。

ヒカキンなんて日本一のYouTuberでしょうね、動画の投稿数からチャンネル登録数から、稼ぎの面でも凄まじいものかと思います。

なんか今年のMステスーパーライブに同じYouTuberである兄貴のセイキンと出演するとか。

ポッキーさんに関しては冒険ゲームとかホラーゲームが好きなので彼のアップしていたバイオハザード7が楽しみで動画投稿を日々楽しみにしていたものでした。

いやー、やっぱりね面白いんですよね。惹きつけられる何かがあるんだよなあ。

もうこういった人達って一般人じゃないよね。芸能人とも言うべきか、すごいです。

 

じゃあ誰でもYouTuberになれるわけでもなく

 

違いってどうなんでしょう、YouTubeのアカウントを持っていてなんでもいいから動画を投稿すればもうYouTuber?それとも自分自身を晒して、どんどん人気も出てきてこの動画だけで飯を食っている、これがほんとのYouTuber?

 

結局後者がYouTuberなんでしょうね、これを職業にして生活をしているって事だから。

 

才能とかセンスも必要だし、努力なんてかなりしていると思うし、じゃあYouTuberになろうなんて覚悟を決めて例えば会社を辞めたりしたとしても、いきなり飯を食えるまでの領域に行けるわけでもない。何年かかるかもわからないし将来が不安ですよね、だったらバイトでもなんでも毎日していた方が現実的です。

 

でも考えてみれば敷居は高いけどメリットもあって、とにかく責任は全部自分自身です、組織だと連帯責任だったりするし、これが非常に大変です。人間関係の煩わしさやストレスからは解放されるでしょう、基本自分で動画を撮って編集してアップすればいいので、作業は一人だったりしますから。

 

人との協調性という意味でも、それが苦手な人には向いているのかもしれません。

 

あれだねなんでも一長一短ですね、何か良ければ何かが悪くて。全部良い事なんて存在しないです。何か妥協しないと選択肢するものが無くなっちゃうから。

 

益々YouTuberは増えていくのかも?

 

例えばある程度年配の人だったら頑固なその考えにより、YouTuberなんて非現実的だと思うのかもしれませんね。会社に勤めるのが普通だと、そんなわけわからん世界でどうやって飯を食っていくのかと思うはずです。

でも上記にも書いたように、これも職業の一つという考えが広まっています。ってかもう浸透しているかと思います。

若い人は特にテレビを観ず、YouTubeを観ているって人が多いと思います、自然にじゃあYouTuberになろうと思う人だっているはず。

そういった意味ではヒカキンさんやポッキーさんなどは人々に希望を与えている、立派な方々だと思います。

これからの時代は自分にも言えますが頭を柔らかくして生きていった方がいいと思います、何がどう流行り、何がどう認知され浸透していくのかわかりませんから。

人生は一度きり」です。様々な選択肢の中から、どの道を選択する方がいいのか。昔のように敷かれたレールを歩いていれば生活安泰という時代ではなくなっています。

職業も色々ある、とても難しい事だけど色々と吟味してベストな選択ができれば人生とても幸せな事なんですよね。

自分も路頭に迷う事はいっぱいありましたが、今の生活がベストだと感じています。

改めてこのYouTuberも素敵な職業だなと感じました。色んな楽しみを頂いてます、アップしてくださる方々には感謝です。

 

f:id:hikaritosora:20171204081316j:plain

 

さて仕事前に一杯飲んでいこう、ではまた(^^)/

 


スポンサーリンク

Copyright (C)2017 光と空 All rights reserved