光と空

日々の生活の中で感じた事や出来事を綴っていきます。

スポンサーリンク

テレビ離れを考える。

 

テレビは夢の詰まった「箱」でした。

 

f:id:hikaritosora:20171120150050j:plain

 

こんにちは。

一晩で結構な雪が積もりました、除雪とまではいかないものの、11月にこれほどの雪は経験あったかな、まさに異常気象ですよね。

自分の世代は娯楽が今ほどなかったので、ゆういつの娯楽がテレビでした。

早くあの番組が見たい、学校の授業が終われば走って帰っていたものでした。

当時って「テレビを見れば馬鹿になる」そんな風潮もあったような気がします。

つまりこれってテレビばかりを見ていると他の事をおろそかにする(勉強とか仕事とか)、こういった意味だったと思います。自分はテレビっ子でしたがちゃんと勉強もしていたし、学校もきちんと卒業しました。

でもわからなくもないです。昔と今のテレビ、比べるなら確実に質が落ちましたから。

昔は他の事をおろそかになるくらい面白いテレビ番組が沢山ありました。勉強はしていたと書いてはいても、その勉強が手に付かない位に、好きなテレビ番組の事ばかり考えていましたから。

今ほど規制も厳しくなくテレビ局も好き放題やれたんだと思います、結果的に視聴者として面白く感じていたんだと思います。

ほんと馬鹿馬鹿しい内容だったり、それすらも面白く感じていたし、アニメも沢山放送されていた、ニュースもきちっとしていたし(今の情報番組ってあまりにおふざけがすぎる印象もあります)、毎週映画も放送されていましたね、野球中継もあったし、ドラマもクオリティが高かったと思います。

例えば1話が放送されれば、次の週が来るのをとても楽しみにしていました、あの頃のワクワクドキドキ、今はもうないです。それはどの番組に対してもそうです。

テレビを見ると馬鹿になるではなく、テレビから学ぶ事も沢山ありました。希望や楽しみ、そういったものを感じた昔のテレビ、色んなものが詰まった「夢の箱」だったと思います。

見れば馬鹿になるのはむしろ今のテレビじゃなかろうか?そうとさえ感じます。

 

テレビ離れの原因とは?

 

いくつかあると思いますが、例えば

 

  1. 単純につまらない
  2. 不景気によるスポンサー収入の減少
  3. 録画機器の普及
  4. ネットの普及
  5. CMまたぎや、異常なまでの番宣

 

に関して言えば俺も当てはまります。単純につまらないからね正直・・・。では今のところ自分がテレビをつけて見るといったら、NHKの天気予報、ドラゴンボール超、年末に日本テレビで放送されるガキ使、前にNARUTO疾風伝の記事も書きましたがこのアニメも楽しみでしたが終わってしまった(泣)、あとは俺何見てたっけ・・・思い出せないです。もう思い出せない位に見てないって事か。

あれほどのテレビっ子だったのに・・・そんな俺もテレビ離れの時代の一員です。

勿論ね、今のテレビが面白いと見ている方々も沢山おられるでしょうし、こればっかりは好みですから一概に否定もできませんが、ほんと見てないな俺ってば。

もかなり影響があるでしょうね、昔のように景気が良かった時代はテレビ局も沢山のお金をかけて番組の制作が出来た。やっぱりお金をかけて作った番組ってのは面白いです。NHKは受信料を払っている我々がスポンサーですが、民放は企業の広告収入で成り立っています、簡単に言えば企業の景気が悪いとテレビ局は運営できないと。

だから今のテレビって、とにかく食べ物の情報で溢れかえっています。どこか都心のグルメやスイーツ特集だったり、芸能人の食べ歩きだったり、必ずと言っていいほど「食」が結びつきますね。たまになら見ておいしそうだな、行って見たいなと思いますが、もう毎日なので異常とさえ感じます。

そりゃそうでしょうね、テレビ局からすればお金をかけてセットも組まなくていい、カメラ数台と芸能人と、その場所に行って収録すればいいだけだから。しかも「食」は視聴率も取れる、予算をかけずに視聴率を取れるならこれほどおいしい事はないでしょう。結果的にこんな情報番組ばかりにもなりましたね、食は確かに生きていく上で無くてはならないものですが、あまりにも過剰すぎます。

なんでしょうね、視聴者置いてけぼりなんですよね、こういった食がテーマだけでなくても、他のジャンルの番組であっても、視聴率やスポンサーの顔色ばかりを伺っている印象です。

民放からすれば「お前ら無料で見ているんだろ?文句言うなよ」もしもこんな精神なら終わりでしょうねもう。

 

もそうです。結果的に視聴者にとって録画機器が普及してよかったのですけどね。そうでなきゃ嫌なCMを飛ばす事もできない、見たくもないのにCMを見なきゃならない、今は全録機(タイムシフト)もあるくらいですから。男性だけでなく女性も働くようになりました、いつもテレビを見れるわけでもなくなった、だから見たい時に見る、録画機はありがたいものです。

テレビ局からすればテレビの前から視聴者を離したくない、だからこういった機器の普及は嫌なものでしょうが仕方ないです。これも時代です、ならばもっと面白い番組を作れませんか?と。視聴率など度外視してでもちょっとハメをはずすようなそんな番組はもう作れませんかと。あまりにも安全パイばかりの番組で刺激がないのです。

 

はもうこれに尽きると思います、ネットの普及です。私もネットというものがあり大変助かっています。テレビよりも迅速な情報、CMもないし、録画機のように自分の見たい時に見れる。もしも気になった番組があって見逃したとしてもYouTubeにアップしてくださる方もいる、はっきり言えばユーチューバーの方々の放送の方が面白いんです。テレビ離れ、面白くなくて自然と離れていった方もいるでしょうが、上にあげた原因としての1番の理由でもあるでしょうね、ネットの普及が。

 

はイライラするのです。これから面白くなるという時にCMに入ります。それは今に始まった事ではないのですが、なんだかね。そしてCMが明けたらそのCMに入る前の部分からの放送。これもテレビ局の戦略かと思いますが、かえって視聴者に嫌悪感を与えたりもするのかと。そして番組改編期にもなれば新たなドラマが始まったりするので芸能人の番宣が多い、別に見たくもないと思う時が多々ありますが、テレビの向こうでの内輪話的でどうもね。

 

最後に。

 

まだまだテレビ離れの原因はあるのかもしれませんが、自分の思いつく事を書きました。

これほどテレビを見なくなるなんて時代が変わったのか自分が変わったのか、いずれにしてもテレビをほぼ見ない自分がいます。

昔のあの頃のような楽しさ、とまではいかなくてももっと楽しい番組があったらなぁと思います。

ただテレビ離れなんて言葉は主に若い人に使われますが、例えばお年を重ねた方々にとっては今でもありがたいものだったりしますよね、リモコンポチで電源が入るし、ボタンを押せばチャンネルもすぐ切り変わるし。ネットとかってなると操作も覚えるのに難しくてついていけない部分もあるのでしょう。

テレビも全てつまらないだけでなく、情報として何か自然災害が発生した時はあちらこちらでの映像を見る事もできる(俺もそういうのは情報として見ますが)、ネットではなくテレビでしか出来ない事もあると思うんです。

いくらネットの時代と言ってもテレビというのはずっと無くならず残っていくものと思います。だからこそ、可能ならば当り障りのない番組だらけじゃなくて、もっと昔のように冒険心をくすぐるような番組が現れてほしい。

テレビだってまだまだ可能性がある、また夢中になって見れるような番組が出てこないかな、そう願ってやみません。

 


スポンサーリンク

Copyright (C)2017 光と空 All rights reserved